マトリョーシカとは

19世紀末にロシアで生まれました。
最初のマトリョーシカは、鶏を抱いた女性がモチーフで、焼きごてで線を描いたウッドバーニング描法でした。(ロシアでは、日の出と共に目覚めるニワトリは、家庭に明るさをもたらす金運や家内安全のシンボルとして、縁起が良いとされています。) マトリョーシカが入れ子人形なのは、一説には日本の箱根細工の影響と言われています。
その後、1900年のパリ万国博覧会で銅メダルを受賞した契機に、ロシア各地でマトリョーシカが作られるようになり、ロシアの民芸品として世界的に知られるようになりました。
マトリョーシカは日本の民芸品の影響を受け、パリを通じて世界的な愛好品となった、国際的な民芸品です。

 

名前の由来

ロシアの一般的な女性の名前である“マトリョーナ”や“マトリョーシャ”の愛称“マトリョーシカ”が名前の由来です。ロシアの農村に多い名前で、ラテン語で“母”を意味する“mater”が語源です。ロシア人にとって、温かな大地や母性を感じさせる名前というわけです。

 

製法と特色

百年前と同じく、ほとんどがひとつひとつ職人により手作りされています。マトリョーシカは精密な入れ子構造なのでズレや狂いを出さない為に、削り出し、絵付けなど、今なお熟練した職人による丁寧な手作業を要します。材料の木材は、シナノキ、カシ、ポプラなどで、縮みや反りを防ぐため10年近く天然乾燥させます。また、一組のマトリョーシカで中の人形と外の人形とで木材を使い分けたりもします。絵付けも乾燥も、数日間、何十もの工程を重ねてようやく完成です。手作りため、同じデザインでも、ひとつひとつ異なった味わいがあります。マトリョーシカはどれもが世の中に二つと同じ物がない、完全なオリジナルなのです。

THE HISTORY OF RUSSIAN DOLLS

The history of Russian Matryoshka dates back the latter stages of the 19th century, although there are a number of theories as to how matryoshka first appeared. One theory is that it all began when a small toy figure of a kind, old Japanese gentleman was brought to Mamontov’s toy shop in Moscow. The figure of Fukurum, who was meant to bring happiness, prosperity and wisdom, could be opened to reveal his four pupils all inside each other. It is believed that this Japanese toy became the inspiration for the world famous Russian Matryoshka dolls that we now know and love.

The shop’s wood-turner, Vasiliy Zvyozdochkin, made the origianl figures, with painter Sergey Malyutin bringing them to life as boys and girls. Their legacy lives on to this day with traditional dolls still being made in numerous craft and toy shops across Russia.

SYMBOLISM

As well as their simple beauty and timeless elegance, Russian dolls possess something that is quite difficult to measure or explain. It is a certain magical charm that attracts the soul, which cannot be atributed just to the bright colours or detailed paintings. There is something quite peaceful and relaxing about Matryoshka dolls, which may have to do with the positive energy that Russian dolls give out wherever they go. After all, Russian dolls have always carried a simple and everlasting message of friendship and love, something that everyone can relate to no matter where they are from.

Or maybe it is because Matryoshka has always been regarded as a symbol of nurture and motherhood? As if representing Mother Nature herself, the Matryoshka protects her young ones within as an expression of the family on an everlasting journey.